ニンジン 輪切りの野菜
輪切りの野菜

このようにニンジンジュースは優れた健康飲料として、長い間人々の間で飲まれ続けています。
最近の消費者の志向としては、無農薬の国産野菜を使ったジュースがますます人気を集めると思われます。
またニンジンにはビタミンCを分解する酵素が含まれているため、これからは必ずゆずやスダチ、カボス、レモン、夏みかん、温州蜜柑などの柑橘類と一緒に摂取するような習慣になっていくはずです。

現在はまだジューサーなどで毎朝作って飲むのが習慣になっていますが、これからは手軽に飲める缶入り製品や、ドリンク型式の飲み物が若い女性を中心に取り入れられていくと思われます。
また栄養素だけを凝縮したサプリメントとして、いつでもどこでも手軽に摂取する方法も人気を集めます。

ニンジン

野菜ジュースが健康に良いことは昔から知られています。
なぜ野菜が健康に良いかというと、人間というのは体内にある抗酸化物質によって、太陽の紫外線から発生する活性酸素を無害にしています。
このことによって健康的な生命活動が維持できているのです。

野菜にはこの抗酸化物質であるビタミンCやビタミンEやカロチノイド、フラボノイドなどが含まれているのです。
野菜ジュースの中でも特に効果が大きいのがニンジンです。
これらの栄養素の他にも、ミネラルの摂取にもすぐれているので、昔からガンの予防効果があると言われ、飲まれてきています。
また生の野菜をとりすぎると身体を冷やすことがありますが、ニンジンにはそのような副作用がないのです。

スムージー

野菜ジュースを作るためには、無農薬で安全な野菜を選ぶことが大切です。
その方法は加熱処理などはしないで、生きた酵素と野菜に含まれる要素をそのまま摂りいれることが勧められています。
ニンジンにはビタミンCを分解する酵素があるので、必ず柑橘類を一緒に入れます。
例えば、ゆずやレモン、みかん、かぼすなどです。

手づくりで毎回新鮮なものが理想で、作って30分以内に飲む事が大切です。
さらに、他にプラスする食材として人気なのがリンゴです。

ビタミンの他にミネラルや酵素、ペクチン、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖などが含まれます。
朝食にかかせないとして続けている方も多くみられます。
毎日飲むことでアトピーを緩和させたという方もいるので、より健康目指す方に魅力のメニューです。

ニンジンを切る

ニンジンをはじめとする緑黄色野菜は、太陽のエネルギーに含まれる活性酸素を野菜自身に含まれる抗酸化物質で守りながら生きています。
主にビタミンC、E、カロチノイド、フラボノイド、ポリフェノール、必須脂肪酸などがそれにあたります。
これが、野菜ジュースの健康パワー「源」です。

カロチノイドには、がん野予防効果があると考えられています。
がん以外の難病の患者さんの食事にも大きく活躍し成果を得ています。

ニンジンにはたくさんのカロチノイドの他にビタミン、ミネラルが多く含まれていますので、ジュースを作るなら必ず入れたい野菜です。
ジュースにするとムリなく消化され、吸収も穏やかです。
体への負担を軽くして摂ることができるので、健康を目指すメニューとしておすすめです。